お問い合わせはこちら

ごあいさつ

「日本女性には、きものがよく似合う」

きものを着こなした日本女性は何と美しいのでしょう。しかし残念なことに、今はきものを着るひとがあまりにも少ないのが現状です。よく考えてみれば、日本女性はちょっともったいないことをしているのではないか?と思うのです。なぜならば、きものの着こなしが醸し出す気品と美しさは外国の方が真似しようとしても、そう簡単にできるものではないのですから。日本女性ならキモノで美しくなれるチャンスがあります。そのチャンスを逃さないでほしいのです。

「きものを取り巻く今」

やはりきものを着てみたいという女性は多いようです。なのに近年呉服業界の展示会や着付け教室での異常なまでの押し売り販売が社会問題になったりと、きものを着たいという心を踏みにじるどころか、そのひとの生活経済までを壊滅させるほどの無理な販売があったりします。わたしはそうしたやり方を許せない。

また憂うべきことに、こうしている間にもきもの職人たちは高齢化し、生産数も落ち込むことにより伝統の技を引き継ぐことなく相次いで廃業しています。きものを着たい人は大勢いるのに、きものが嫌になるような商売をしたり、きものを作る職人が生きていけない状況とは何と愚かなことかと思うわけです。

「きものを再びわたしたちの手に!」

きものというと茶道や日本舞踊といった特定のものを想像されるかもしれません。しかし、それらはきもののたった一部分に過ぎないのであり、本来きものはわたしたち日本人みんなのものなのです。だから何も難しく考える必要はございません。もっと気軽に着こなしてよく、そして場所に応じて人に恥をかかせないものを選んで着ればいいのです。しかしそれは何も和装に限ったことでなく、洋服でも同じことです。

とにかく少しでもきものを着られる女性が増えるようにと、きものを制作するだけでなく、ささやかながら着付けも教えることに致しました。結美堂のきものを買ったひとにだけというサービスではございませんので、お手持ちのきものがあればそれで参加頂いても構いません。そして、結美堂で習得した着付けをお友達やお母様、娘様にどんどん教えてあげて下さい。本来着付けは伝承なのですから難しく考える必要はございません。

「すべては美しさのために」

今の日本に欠けているものは美です。利便性ばかりがもてはやされ、モノもヒトも使い捨て。要領ばかりがよくて面倒なプロセスは極力避けたがる。これが日本の今の姿でございましょう。美というものは利便性からは生まれません。きものが何ゆえに美しいかといえば、それが着やすさではなく、美しさを目的として作られたものだからです。さらに着崩れぬためのさり気ない気遣いや、袖の扱いにも絶えず気を配る緊張感がきもの姿を美しくするのです。

日本は物質的なものはすでに成熟しています。冷蔵庫、電子レンジ、携帯電話、パソコン等々これ以上もなく文明の利器は手に入れました。もうそろそろかつて日本が持っていた美の文化に立ち戻るときです。日本人はできるはずです。なぜならばおよそ1200年以上も着物文化を維持してきたのですから。

 美しい文化はひとの心を幸せにします。そのために結美堂はあります。
結美堂 結月美妃